スキップしてコンテンツに移動する
閉じる
カメリナオイル / 6-3-9 / 理想的なオメガバランス

カメリナオイルとは

カメリナ・サティバ(アブラナ科アマナズナ属)という植物から採れる種油です。天然抗酸化成分ビタミンE、ほかカロテノイドを含むため、栄養価が高く、加熱調理が可能、酸化もしにくく開封後も常温保存が可能な事から、カナダはもちろん、今、世界中で亜麻仁油やオリーブオイルに代わる食用油として注目を集めてます。

カメリナオイルの栄養素 従来のオイルの加熱調理の弱点を克服した次世代オイル

美容や健康の維持に欠かせない代表的な脂肪である オメガ3、オメガ6、オメガ9。健康のためには、2:1:2の比率が望ましいとされています。
この2:1:2のバランスに近いのが、カメリナオイルです。

また天然抗酸化成分であるビタミンE、βカロテンのほか、加熱に強いオメガ9系脂肪酸(オレイン酸、イコセン酸)がバランスよく含まれるため、加熱も可能にします。またイコセン酸は通常、タラやさんまなど、魚類に含まれる脂肪酸であり、植物に豊富に含まれるのはめったにありません。植物オイルから摂取できる貴重なオイルです。

ほかの植物オイルとのちがいは

亜麻仁油やえごま油

- 発煙点が110℃程度のため加熱調理には向いていません。生での摂取が推奨されます。
- 開封後は、酸化が進みやすく、なるべく早くに使い切ること。また冷蔵庫での保管を行う必要があります。

アルガンオイル

- 発煙点が220℃程度と高い。リノール酸とオレイン酸が豊富に含まれており、そのままお食事にかけたり混ぜたりはもちろん、熱にも強く酸化しにくいので加熱調理用、生食用の両方が可能。
- 直射日光、高温多湿を避け常温で保存すること。

カメリナオイル

- 発煙点が240℃程度と高く、加熱してもオメガ3が壊れにくい。加熱調理用、生食用の両方が可能。
- 融点が15℃と冷蔵庫で凝固することもありません。そのため開封後も冷蔵保管、常温保管どちらでも可能。

カメリナオイルのデメリットは

独特の青みがかった香りがやや気になる方もいらっしゃいます。生で使用するときは亜麻仁油、えごま油、アルガンオイルで代用し、加熱調理用として使うという方法もおすすめです。

商品インフォメーション

原材料 食用カメリナオイル
栄養成分表示 タンパク質・・・0g
脂質・・・100g
炭水化物・・・0g
食塩相当量・・・0g

(脂質の内訳)
オメガ3・・・32g~38g
オメガ6・・・17g~19g
オメガ9・・・30g~35g

エネルギー900kcal

※100g当たり
内容量 270g
原産地 カナダ
※当社が作成したコンテンツの著作権、モデルの肖像権はココリオ株式会社が保有しております。無断でのコピー、転載、転用は固くお断りいたします。

カメリナオイル / 6-3-9 / 理想的なオメガバランス

この商品は、にお届け可能です。他の商品との同時購入の場合は、すべての商品がそろい次第の発送となります。

¥5,500円以上で送料無料

朝10:00までのご注文は、即日発送可能です(日曜除く)。お急ぎの場合は、ショッピングカートの注文メモよりお申し出ください。

ギフトラッピングご希望の方はこちら

関連商品

オーガニック食用アルガンオイル / モロッコから直送

2,916円

komachi -na- / 秋田県産えごま油『琥珀-こはく-』/ 低音圧搾・無添加製法

4,180円

商品のサイズ表

閉じる
ご注文代金 ¥5,500以上で配送料無料
カートは空です。
お買いものを続ける